コナファースト イメージ 01
コナファースト イメージ 02

ハワイ島コナ地区発。ブレンドとの違いに衝撃。最高のタイミングで収穫された、希少な100%コナコーヒー。

KONA FIRSTコナ・ファースト

日本初上陸の、HAWAII KONA 100%

ブルーマウンテン、キリマンジャロと並び、世界3大コーヒーでありながら
生産量は世界のコーヒー生産量のわずか1%であるHawaiian Kona Coffee。
その中でも私たちが巡り合えたのは、大量生産ではないコナ100%の「ブティックコーヒー」です。
ハワイ島に600以上のコーヒー農園がある中で、豆の味わいに大きな影響を与えるという立地条件に恵まれた農家から、
ハワイ島でも極一部の人しか飲めない希少なコナコーヒーをお届けいたします。
マウナロアの標高800mの環境でゆっくり成熟する豆の美味しさをお楽しみください。

コナコーヒーの豆

SPECIAL FARM

ハワイ島の中でも標高の高い山奥で栽培。
大粒の豆の秘密がここにあります。

KONA FIRST のこだわり

  • 高地で昼夜の寒暖の差が激しいほうが、大きく密度の高い良いコーヒー豆が育ちます。
  • 平地で栽培されるコーヒー豆と比べ、うまみ、香り、味わいなどが違っています。

最高級といわれるコーヒー豆は、
低地よりも高地で昼夜の寒暖の差が激しいほうがゆっくり豆も熟成するので実が引き締まり、
豆の一粒一粒が大きく非常に密度の高い良い豆が育ちます。
平地で栽培されるコーヒー豆と比べ、うまみ、香り、味わいなどが違っています。

コナファーストのコーヒー豆はハワイ島コナ地区標高800mの高地で栽培されています。

コナファーストのコーヒー豆はハワイ島コナ地区標高800mの高地で栽培されています。
こんな所に人が住んでいるの?というくらいの場所で自然栽培する家族農園から直輸入しています。
収穫から乾燥までのプロセスをファミリーが一つ一つ愛情込めて手作業で行っています。

コーヒー豆の収穫には手摘みと機械摘みがあります。
赤く熟した豆だけを摘み取ることができるのは、
人の手で摘み取る方法で時間がかかる収穫方法ですが、
手間をかけた分、品質の良いコーヒー豆となります。
未成熟の豆が混ざる機械摘みだとコーヒーの味は確実に落ちます。

  • マウナロアを登っていくと見えてくる契約コーヒー農園。
    空気も薄くなるほど標高が高く、ジャングルのように生い茂る樹々をくぐり抜けてマウナロアを登っていくと見えてくる契約コーヒー農園。
  • 長年の経験を持つオーナーが一粒ずつ見極めて収穫します。
    重機も入らない高地で、長年の経験を持つオーナーが一粒ずつ見極めて収穫します。
  • 状態の良い豆だけを残し自然乾燥させます。
    実から豆を取り出し水洗いした後は、状態の良い豆だけを残し自然乾燥させます。
  • 豆の大きさや欠陥がないかどうかを1粒ずつ確認しながら選別していきます。
    豆の大きさや欠陥がないかどうかを1粒ずつ確認しながら選別していきます。

コナファーストの契約農園はすべての作業が手作業。
まるで高級ワインのように1粒1粒熟成具合を見ながら摘み取りをしています。
また作業工程ごとに不純物や欠点豆も除去されているので
粒がきれいに揃った非常に高品質な豆に仕上げられています。

貴重なコーヒー豆

化学農薬は一切使用しません。
ハワイ島でもごく一部の人しか飲めない貴重な豆をお届けいたします。

KONA FIRST は、焙煎豆からこだわります。

コナ地区で採れるコーヒー豆の中にも、味に影響があるキズや色むら、虫食い被害にあった豆も多く流通しています。
見た目は焙煎や挽いてしまえばほとんど分からなくなるので、他の豆とブレンドされたり、安価で販売されることがあります。
KONA FIRSTは、ハワイ州政府が定めた等級の高い豆だけを選別していますので、最高の味わいをお楽しみいただけます。

  • キズ・色むら・虫食いが多い豆
    キズ・色むら・虫食いが多い豆
  • コナファーストの豆
    コナファーストの豆

コナコーヒーの等級HAWAII KONA COFFEE GRADE

コナコーヒーの等級図

世界的に見れば、トップクラスのプライムから、最も大きく肉厚の最高級グレード・エクストラファンシーまで5つの等級に分けられます。さらに、この5等級の格付けの外にあるのが“ピーベリー”。極めて少ない収穫量のため、“幻のコーヒー”とも呼ばれています。コナファーストでは、ファンシー以上の豆をお届けいたします。※コナコーヒーは、ハワイ州政府が厳格な検査を行い、豆の大きさや欠点豆が含まれる割合によって等級分けされています。

一般的なコーヒー豆との比較 コーヒー豆の焙煎中の様子

日照りの時間が多い海岸付近の農園でできる豆に比べて、日中の寒暖差が大きい高地で育つ豆は、
じっくりと熟すため大きいのが特徴。

豆づくりへの想い

「大自然に対し謙虚になり、コーヒー豆の成長を日々見て回る…」

高地に位置する我々の農園は、重機が入らない為すべて手作業で行うしかないのです。
機械では到底できない作業ですので、コーヒー豆に対する家族のような愛情と経験が必要とされます。
天敵の害虫も、魚や鶏のオイルを使用した手作りのエキスを害虫駆除として撒き、ハワイ島の大自然を尊重しながら栽培しています。

「コナブレンドではなく、手摘みの100%コナコーヒーを飲んで欲しい…」
大粒で高品質な豆を作り続けることは、一朝一夕でできるものではありません。
ゆえに、見栄えの悪い小粒の豆は粉末にし、他国の豆とブレンドして販売されることが多いのです。
ハワイ州ではコナコーヒーが10%含まれていれば、あとの90%が他国の豆であっても『Kona Blend』として名乗ることができます。
しかし、それは我々が育てたコナコーヒー100%の味とはまったく別物です。

「毎年ハワイ島で行われるカッピングコンテストに出ないのかよく聞かれるけど、
自分たちの豆は標高が高いところで育つから毎年収穫時期がコンテストの審査に間に合わないんだ。
以前、興味本位で期間外に審査してもらったら、賞を取った農園のスコアよりも高かったのには驚いたよ!
我々が育てているのは『売れる豆』じゃなく、最高の豆。ここに価値を感じてくれる人だけに届けたい。
そのための豆づくりに妥協は一切しない。」と生産者は語ります。

KONA FIRST シリーズ

  • コナファースト | ファンシー FANCY
    人気No.1。上から2番目の等級。

    FANCYファンシー

    ファンシーのコーヒー豆
    7.1mm以上。
    エクストラに近い品質。

    200g / ¥10,450

    ファンシー リフィル

    ファンシー リフィル

    200g / ¥9,800

    詳しく見る
  • コナファースト | エクストラ ファンシー FANCY
    ハワイ州政府が定めるKONA最高グレード。

    EXTRA FANCYエクストラ ファンシー

    エクストラ ファンシーのコーヒー豆
    最高グレード。
    7.5mm以上。

    200g / ¥12,650

    エクストラ ファンシー リフィル

    エクストラ ファンシー リフィル

    200g / ¥11,000

    詳しく見る
  • コナファースト | ピーベリー PEABERRY
    5つグレードを超えた最も希少な豆。

    PEABERRYピーベリー

    ピーベリーのコーヒー豆
    丸みを帯びた
    幻の豆。

    200g / ¥14,650

    ピーベリー リフィル

    ピーベリー リフィル

    200g / ¥13,000

    詳しく見る

about

KONA FIRST Hawaii kona coffee

Director of KONA FIRST coffee beansMr. Mark Takizawa

天才的なコーヒー栽培家との出会い。

フレンドリーで働きもの、とにかく明るくて朝から晩までよく働くマークはあの有名なヒルズコーヒーを栽培しているTakizawa Farmの2代目。農園を継ぐために大学に入り直してコーヒーの研究までした勤勉家でもあります。
彼が作るコーヒーは幻のコーヒーといわれるくらい希少なものです。
豆の品質管理から輸入まですべてマークがプロデュースしてくれています。
私達のスーパーマン。彼の目に適ったコーヒー豆だけがコナファーストのコーヒーとして皆さまに届けられます。

Mark Takizawa
さゆき Sayuki

一度訪れると誰もがその魅力にとりつかれるハワイ。
心地いい風、島全体からあふれ出すパワー、訪れるたびに日々のストレスを浄化してくれる自然豊かなハワイにはまだまだ私たちの知らないものがたくさんあります。
お土産の定番、コナコーヒーも年々、収穫量が減り高騰化してきています。
そんなコーヒーもワインと同じように育てる環境(土、肥料、気候)そして生産者のこだわりで豆の大きさ、味に大きな違いがあります。
私たちコナファーストの豆は、コーヒー豆を育てる条件として最高の土地、気候、無農薬の肥料で自然の力のみを利用し育て上げた豆をさらに一粒一粒、手作業で選別した手間を惜しみなく注いだ最高ランクのコナコーヒーだけをお届けしています。
今では手軽に味わえるコーヒーがたくさん出てきていますが、成熟度の高い豆で淹れるコーヒーの香り味わいは全く違います。
コーヒー好きな方への贈り物に大変、喜ばれる逸品です。
代表取締役社長 新屋 早由

PAGE
TOP